コンプレックスは美容整形で簡単に解消することができる

サイトメニュー

気にしておきたいこと

医者と看護師

選び方とメリットの両方を知ろう

顔の目立つ部分や体の目立つ部分にほくろがある場合、これを除去する方法は大きく分けて2種類あります。一つが、メスを使って完全に取り除く方法です。もう一つは、炭酸ガスレーザーを当てて焼く方法になります。それぞれ特徴ありますが、選ぶ基準はほくろの種類によって変わってくるところです。例えば、ほくろのように見えて癌になっているようなものもありますので、この場合炭酸ガスレーザーを当ててもあまり意味がありません。ガンは転移すると短期間で体中に移ってしまう可能性があるため、可能な限り早い段階で切除する方法が望ましいです。そうすると、切除する方法の一択になるでしょう。この場合、大抵のクリニックや美容整形外科でも行ってくれますので特に特定のクリニックや美容整形外科でないとやってくれないようなことはありません。ちなみに、ほくろが突然大きくなった場合や、触ってもいないのに痛みが伴う場合はガンの可能性がありますので早急に診てもらい除去することが必要です。これに対して、炭酸ガスレーザーの場合にはある程度大きさが小さいものに限られてくるでしょう。ほくろの大きさにも様々ありますが、直径6ミリ程度までならば炭酸ガスレーザーを選ぶことも可能です。この施術方法を選ぶと言っても、クリニックや美容整形外科の中には扱っていないところもありますので注意する必要があります。
目立つ部分にできたほくろ除去をする場合、クリニックや美容整形外科を選ぶメリットの一つはプロに行ってもらいますので確実に除去することができる点です。特に、切除した場合にはほぼ再発する可能性はないと言えるでしょう。その一方で、炭酸レーザーガスの場合は何回か通うことになり、しかも完全に取りきれないこともありますので、かなり小さいほくろを除去するときに利用するのがよいです。次に、痛みがほとんど伴わない点もメリットでしょう。自分で行う場合は、麻酔を打つわけにはいきませんので確実に痛みが伴うだけでなく、血が出てしまいます。これに対して、美容整形外科は十分な麻酔の知識がある上に、最近は麻酔もさまざまな種類があり注射をしても痛みが伴わないものも存在しています。これは、注射の針の部分を意図的に細くすることで痛みが伴わない仕組みです。また、しびれ薬の塗ってあるシールを注射をする部分に貼り、注射針を刺してもほとんど感じないようにすることもできます。そのため、痛みに関してはほぼ心配することはありません。後は、治療した後のアフターフォローがあることです。自分で行うとアフターフォローのしようがありませんが、専門家に行ってもらえばアフターフォローをしてくれるところがほとんどですので安心できるでしょう。

Copyright© 2019 コンプレックスは美容整形で簡単に解消することができる All Rights Reserved.